失恋体験 ~ 自分の諦めの悪さに、打ちひしがれとにかく泣きました

失恋体験

【もっさん(男性)16才の失恋体験】

高校でのオリエンテーションでスキー合宿に行った時、

宿泊先で友人の気まぐれで紹介されて知り合いました。

紹介された夜に男子部屋に女子数人でやってきて、いろんなことをしゃべりました。

次の日、一緒にスキーで滑ってたらどんどん仲良くなり、オリエンテーションが終わったあとも家に来て遊んだりする仲になりました。

そうしたらまわりの友人が小学生みたいに僕とその子のことでいじってきて、気がついたら好きになってました。

 

普通の友人と恋人の中間のような曖昧な関係で、もやもやした関係だったと思います。

最初はホントピュアで、青春の高校生の恋愛みたいな感じでした。

真夜中に自転車ニケツで走り回ったり、冬に部屋で鍋をして一緒に寝たり。

友人数人で花火をしたり、今思うと高校生活で一番楽しい時間だったと思います。

とにかくよく笑う子で、すごく優しくてこの子がいれば何もいらないって本気で思ってましたね。

けど関係が崩れるのはいやで告白は出来ずにずっとモヤモヤしてました。

 

そんな時、僕の誕生日がありまして、彼女がお祝いに来ると言い出したんです。

手作りでケーキまで作ってくれて。

恋人とするような行為を、私の誕生日に家に泊まりに来て、雰囲気に流されてしまい告白してしまったのですが、今考えるとしなければよかったなと後悔しています。

その行為のあとからどんどん関係がおかしくなりました。

 

僕がひたすら気持ちを隠していればよかったのに、告白をしてしまいました。

彼女は優柔不断で断りはしないが付き合うこともない関係を望んでいて、その時点で諦めればよかったのに、私がガツガツしてしまったことが一番の原因だったと思います。

そのことを彼女が幼なじみの男の子に相談し、僕が友人8人位で遊んでいた場所にその幼なじみが何故かやって来ました。

「あの子が相談してきた。もう会うな。」といきなり言われ頭が真っ白になってしまいました。

友人に僕も相談していたので、いきなりやってきたその男に、僕の友人はとても怒ってしまいました。

いきなりやってきたその幼なじみはひっこみがつかなくなったのか、喧嘩腰な口調で彼等に突っかかってしまいました。

止めたんですが7人もいたら止めようがなく、その幼なじみは殴られてしまいました。

彼が彼女にそれを伝え、彼女から絶縁宣言を喰らいました。

僕もその時は、勝手にやってきて勝手に殴られて何言ってんだろうと反論したことが原因で完全に着拒。

その後彼女は進学で東京に行ってしまい、二度と連絡を取ることはありませんでした。

あとからその幼なじみもその子のことが好きで、あることないこと言ってたらしく人間て怖いなーとその時初めて思い知りました。

 

友人が殴ったことが火種になって別れたので、その友人と連絡を取るのをやめました。

またその原因になった自分の諦めの悪さに、打ちひしがれとにかく泣きました。

仕事はしてましたが正直面倒でもうどうにでもなれとやめてしまいました。

幸い貯金があったので3ヶ月お金のあるニートをして、家に帰るのも嫌で、ダーツにハマり、そこのマスターとずっと遊んでました。

朝帰ってきて寝て、20時くらいに置きてダーツバー行っての繰り返しでしたね。

 

落ちるとこまで落ちて貯金がなくなった時に、仕事しなきゃと思い立って就職活動をして、気がついたら一ヶ月以上その子のことを思い出すことがなく、仕事が楽しくなってました。

連絡取るのをやめてた友達とも仲直りして、今まで遊んで多分取り返すように仕事してました。

ただ人を好きになることがそれから3年くらいなかったです。

告白されたりもあったんですが、曖昧なままの関係続けたりしてました。

結局本当の意味で立ち直ったのは恋人が出来てからだったんでしょうね。

【別れたけれど、どうしても復縁したい】
でも、相手の今の気持ちがわからない。
自分もどうしていいかわからない。。。
そんなあなたの話を聞き、力になってくれる占い師がいます。
実力派の復縁占い師