失恋したら、恋から距離をおく

失恋からの立ち直り方

前回ご紹介した傷心旅行に行くことが難しい場合、日常生活の中で恋から距離を置くという方法があります。

このキーワードも、「非日常」です。

新しい経験で、日常の中に非日常を取り込む

前回も書いた通り、多くの場合失恋は、日常生活の中で起こります。
そしてあなたの気持ちとは関係なく、その日常は流れていきます。

そんな、“これまでの日常”の中に、“新たな非日常”を取り込むことで自分の時間の流れを変えて、気持ちを切り替えていくのが今回ご提案する失恋卒業の方法です。

例えば、何か新しい目標を立てる。
資格試験に挑戦してみるのもいいでしょう。
資格試験に挑戦するとなれば、あらためてそのための勉強をはじめなければなりません。
自宅なのか、会社帰りのカフェなのか、その時間を生み出すことを考えなければなりません。
内容によっては学校に通う必要もあるかもしれないし、参考書を選ぶ必要もあるでしょう。

こんな風にひとつのきっかけがあると、必要なことも変わり、毎日のリズムも変わっていきます。
これが、日常の中に非日常を取り込むということです。

ダイエットに挑戦する、身体を鍛え始めるなんていうのもいいでしょう。
「体重をマイナス〇kgにする」といった目標を立てることで、毎日の食事の内容が変わるかもしれません。
出勤前にジョギング、会社帰りにジム通いなんていうプログラムも必要かもしれません。
ダイエット状況を管理するアプリなどを使って、日々のカロリー計算などが習慣になるかもしれません。
それがやがて自分の魅力をアップし、新しい恋を呼び込むことだってありえます。

このようにほんの些細な行動の変化が、毎日のリズムを変え、自分の中身にも作用してくるのです。

別に大げさなことでなくても構いません。

毎朝の食事をちゃんととるようにしよう。
シャワーばかりじゃなく、ちゃんとお風呂に入ろう
部屋に花を置いてみよう
イヌやネコと一緒に暮らしてみよう

なんでもいいのです。

これまでの自分の日常の中に、ほんの少しの変化を起こすことで、自分の中身も変えていくスイッチが入るものです。

忙しければ、余計なことは考えなくなる

失恋からの立ち直り方

新しいことをはじめなくても、これまでの仕事を一層頑張るといったこともいいかもしれません。

自分のパフォーマンスを上げるために、会社での時間をどう使うのか。
どういった気の回し方をすれば、周りの人とのコミュニケーションがスムーズになるのか。
より実績を上げるために自分に足りないものは何か。

そういったことを頭全部で考えて、とにかく仕事に邁進すると、気持ちの中も時間も張りが出て、余計なことを考える余地はなくなっていきます。

通常時であればストレスフルになるそんな状態をあえて利用するのです。

これらの取り組みで自分の評価が上がれば、待遇や給与と言う面もプラスになっていくかもしれません。

新しい人との出会いは、新しい風を吹き込んでくれる

失恋からの立ち直り方

今のようにSNSが普及している中では、新しい情報がそのつながりの中からもたらされることが少なくありません。
そんなことからもわかるように、人と言うのはたくさんの情報や刺激を与えてくれる源です。

つらい失恋ショックが少し和らいできたら、何かしらの交流会や社会人サークル、友人の紹介など、新しい人との出会いの場には積極的にいくようにしましょう。

これは別に、次の恋愛対象を見つけに行くわけではありません。
自分の中に非日常を取り込むきっかけとして、新しい人との出会いを活用しましょうということです。
つまり同性でも異性でもいいのです。
新たに知り合ったその人は、自分がしたことのない趣味や楽しみをもたらしてくれるかもしれません。
行ったことのない場所、見たことのないものを見せてくれるかもしれません。

そんな新たな刺激はやがて、終わった恋を忘れさせてくれるはずです。