失恋からの立ち直り方
スポンサーリンク

失恋を受け止めることの大切さ

つらい失恋を忘れ、立ち直るための大事な一歩。それは、
失恋の事実をキチンと受け止める
ということです。

「この恋は終わった」という事実をしっかり認識していかないと、終わった恋、望みの無い恋にいつまでも気持ちが縛られ続けてしまいます。

縛られ続けることで疲弊するのはあなた自身。
姿のない相手の亡霊に、あなたの気持ち、気力、体力、時間を奪われていくことになります。
これでは立ち直るどころか、次の恋で幸せになるのにも、生きていくのにも支障が出てしまいます。

では、失恋の事実をどのように受け止めるか。

これは、相手からどんな風に別れを切り出されたかにもよっても変わってきます。
ここでは別れの切り出され方別に、その受け止め方を考えてみたいと思います。

1.理由も含めてハッキリと「別れたい」と言われた。

こういう相手はきっと、真面目で律儀な人です。

ひとつの恋愛にキチンと終止符を打たないと、相手も自分も次には進めないと考える人だと思います。

逃げずにあなたと向き合い、キチンと自分の気持ちを伝えてくれる相手・・・こういった誠実な相手とは、できればつきあっていきたいところではありますが、別れの時が来てしまったのなら仕方がありません。

相手から言われたことにはきっと、嘘は少ないと思います。
言われた方のあなたにも、納得できる部分が多いのではないでしょうか。

その言葉を、自分がもっとバージョンアップするためのアドバイスだと思って、気持ちに終止符を打って、次の一歩を踏み出しましょう。

2.会話の流れでなんとなく別れを切り出された。

1の人と異なり、別れたい気持ちはあるもののあまり断言したくない、というタイプの人。

こういう切り出され方をすると、この恋が本当の終わりなのかどうかがわかりにくくなりますね。
一番引きずってしまうパターンかもしれません。

この「断言したくない」という理由には、
「自分の正直な気持ちを伝えるのがしんどい、めんどくさい」
「自分から終わらせるのに気が引ける」
「相手から恨まれたくない」
という自分本位な気持ちと、

「相手に悪い気がする」

という気遣いが入り混じっています。

ただしいずれの気持ちも、極めて自分本位。
別れを切り出すという行為から逃げている部分はあると思います。

こういったタイプは例えば結婚した後、何かが起こったときにいろいろな理由を付けて逃げてしまう人かもしれません。
そういった人と付き合っていくのは、いろいろと大変かも。
「次は逃げない相手と恋しよう」と、ケリを付けるのが良いと思います。

3.自然と距離が離れていき、音信不通になった。

よく言う、自然掃滅パターン。

自然消滅の場合、距離を置かれ始めている段階から
「あ、別れるつもりなのかも」
という予感が湧き始めるので、本当に終わったときには比較的穏やかにそれを受け止められると思います。

「来る時が来たな」と認識し、次への一歩を踏み出しましょう。

どうしても踏ん切りをつけたい時には、相手に気持ちを聞いてみる。
それでも的を得た答えがない時は、自分から終了宣言をして勝手に終わらせてスッキリしてしまう、という手段もあります。

4.片思いの相手に恋人がいた

これは失恋というよりも、自分の妄想にピリオドが打たれたということです。
ショックはショックですが、具体的な絡みがなかったのであれば「失恋」の中でも比較的軽症です。
「いい夢見させてもらった」という感じで、次の夢を探しに行きましょう。
そしてできれば次は、さらにリアルな交際をしていきたいところです。